Agile Japan 2023 参加レポート

この記事は、 GO Inc. Advent Calendar 2023 の8日目です。 タクシーアプリ『GO』のバックオフィス基盤を開発している 森竹 です。 2023/11/16〜17に ベルサール新宿セントラルパーク にて開催された Agile Japan 2023 に参加して来ました。 Agile Japan へ…

DRIVE CHARTのAI技術まとめ-データサイエンス編

AI技術開発部データサイエンスGの菊地です。今回の記事では次世代AIドラレコサービス『DRIVE CHART』を実現するためのデータ分析技術について、過去に執筆された内容をもとにまとめていきたいと思います。こちらの記事は画像認識編、AI運用技術編の続編とな…

Apache Arrow の紹介

タクシーアプリ『GO』のデータエンジニアをしている牧瀬です。 Apache Arrow という OSS を知り、弊社でも活用できる機会があるのではないかと興味を持ちました。本記事では Apache Arrow の概要を紹介します。 概要 Apache Arrow とは、インメモリのカラム…

DRIVE CHART - AI運用技術まとめ

スマートドライビング事業部の森本です。AI技術の発信強化の一環として、過去に発信した記事や発表資料をテーマごとにまとめる取り組みを行っています。今回は次世代AIドラレコサービス『DRIVE CHART』での本番環境、実験環境、エッジデバイスでのAIに関連し…

Androidアプリの依存性管理をGradle Version Catalogに乗り換える

タクシーアプリ『GO』のAndroidアプリを開発している山本です。 Androidアプリ開発に必要なライブラリの定義方法をGradleのVersionCatalogに乗り換えるときに調べたことと利点を紹介します。 Gradleと依存関係の定義 Androidのビルドツールとして採用されて…

AWS IAM Identity Centerによるそこそこ複雑な権限管理の事例

こんにちは、SREグループの水戸 (@y_310) です。GO株式会社ではスタッフがAWSアカウントにログインする際の認証方法としてAWS IAM Identity Center (旧AWS SSO)を使用しています。 今回はAWS IAM Identity Centerを使ったAWSアカウントの権限管理の事例につ…

DRIVE CHARTのAI技術まとめ - 画像認識編

大規模に収集されたドラレコの映像データは、様々な用途に利活用することができます。詳細を2023年2月に行われたイベント「5万台のドラレコを活用!大規模データ収集・機械学習基盤の全容」で紹介しています。こちらの「道路情報の差分抽出」に関するプロジ…

BigQuery JSON型によりログの効率化は可能か?

AI技術開発部の老木です。今回、分析ログの増大が課題となりJSON型の導入を検討しました。分析ログをJSON化した際に問題となる配列の扱いについて紹介します。 適当に作ったログがでかすぎる。ログを出力・分析する人間によくある悩みではないでしょうか。そ…

Aurora PostgreSQLアップグレード時のダウンタイムをBlue/Greenデプロイ方式で軽減

SRE

SREグループの古越です。 SREグループではAurora PostgreSQLのインプレースアップグレードで少し痛い目を見た過去があり、Aurora PostgreSQL 10.x EOS(2023/01/31)を切っ掛けとしてインプレースに変わる安全なアップグレード方法を模索していました。 2022/9…

DRIVE CHART で 実験管理ツール としてClearMLを採用しました

AI

この記事はMobility Technologies Advent Calendar 2022の22日目です。 スマートドライビング事業部システム開発部AI基盤グループの石井です。 この記事ではDRIVE CHARTの機械学習チームで採用している実験管理ツールであるClearMLについて紹介します。 Clea…